プロフィール

uemabu

Author:uemabu
hanauta
ガーデンデザイナー
うえだ まなぶ

・ 住宅・店舗ガーデンデザイン
・ ベランダガーデンデザイン
・ インドアグリーンデザイン
・ ランドスケープデザイン
・ 店舗デザイン設計

e-mail alohaheaven@maia.eonet.ne.jp
 
(関西エリアのみの対応とさせて頂いております)

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク

スポンサーサイト

-- --, -- | スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ちょっとどころではないこだわり

02 17, 2013 | 自己紹介

今日は、今まで経験のした事の無い雰囲気の中、庭作りの打ち合わせに行ってきました。

なので、ちょっと語らさせてもらいます。

去年、建築家の先生からのご紹介で、リゾートマンションの庭のやり変えの提案をさせて頂く

機会が出来ました。

僕の庭作りの仕事としては、今までにない感じの仕事でスペースもビッグスケールやし

もちろん金額的にも。

ご紹介頂いた時、窓口になっていただいている方に、僕の庭作りのこだわりや、庭作りのスタンス

をお話して、ご理解いただけたので、プラン提出に至りプランも気に入って下さっている様子でした。

ただ、何度かのやり取りの中、僕の中で何となくいつもしている個人のお客との打ち合わせとやり方

と違っている事に違和感が出てきていました。

違和感とは、僕のいつもの打ち合わせスタンスは、お客さんをご紹介頂いた場合、まずは僕の価値観

や好きな物をお話して時間があれば事務所にお越し頂きはなうたの空気感を感じてもらいます。

共感していただけるかどうか?共感できない場合は、無理に仕事をしてもお互いストレスで

僕が良いと思う庭を作ってもきっと違う感覚を受けられるだろうと思うので、それだったら

しない方がましだと。。

そして、それでも声を掛けていただける方には、自分の感覚を信じて精一杯気持ちよくなるようにと

庭作り(空間作り)をしていきます。

いつも、そんな想いをお話するのですが、今回は窓口になって頂いている方にしか想いを伝えれない

事にやっぱり違和感を感じていました。

なので、マンションとなると個人のお客様と違い、大勢の方の価値観が入るので、なかなか難しい

のかなと。。。

もちろん努力してとも思うのですが、僕は庭作りの世界でまだまだ全然ひよっこですし

自分の好きな空間を作る努力で必死で、興味の無いご要望には、背伸びをしてまでする気持ちは

まったく無いです。

今、自分が出来る事、興味のあること、価値観に合う事を楽しく死ぬ気でやる。

そんな、強いこだわりというか、今はそれしか出来ない。

今日の打ち合わせは、マンションの理事会の方を集めて頂けたので、窓口になってくださっている方

だけでなく、決済権のある方々にそんな想いをお伝えするいい機会だったんです。



庭作りの現場となる場所は、落差のある敷地で、下の部分が水はけが悪い訳では無いけど

じめじめしていて何か汚いイメージに見える。

何故そう見えるか?それは、土だけの問題では無くて、初めに植えた木や芝が、そもそもその場所

に合っていないからで、その場所に合うコケなどは自然に這って来ていて、すごく生き生きしている。

意外とこういう場所は、山では植物がホッとする場所で、植物が生き生きしている事が多い場所。

でも、芝が思ったように根付かないから、土を掘り起こし、大掛かりな土木工事をすると言う提案

が僕以外の他4社の考え方でした。

正直僕は、そこにお金を掛けてする意味があるのかと思ったし、今の現状が自然が作った姿なので

それを、活かしても気持ちいい空間は出来ると感じました。

僕がご提案したのは、ナチュラルガーデンで、自然の摂理にそぐわないような植栽計画ではなく

今生えているコケも活かして、コケが生きるような植栽計画にして、ビオトープを設け

ジメジメ感が気にならないよう山の中の小川みたく清々しく感じれるような、元々そこにあった

ような雑木の庭にする事でした。

敷地の高い方は、日当たりも良いので、乾燥気味になるので、乾燥にも強い木や花を植える。

小屋も建てて、演奏会やワークショップが出来るデッキステージをつける。

夜も散歩が出来るように、外灯の配置やデザインもこだわりたい。

静かな、心地よい音楽が流れていてもいいかな、水の流れる音と共に。

ゆっくり読書やお話をしていただける、ベンチも置きたいな。

妄想は膨らんで一人で暴走していますが、今日の打ち合わせでは、時間制限がありそういう事を

話す時間はありませんでした。

でも、プランの事より自分のこだわっている価値観の事を皆さんにお伝えしたかったので、

それをお話出来たのは良かったと思っています。

そして、僕が感じた違和感は、大勢の理事会の方々の前でやはり感じたので、

一方的で申し訳ないと思いますが、このお仕事は辞退する事に決めました。

理事会の方々には、お忙しい中、貴重なお時間を頂けた事に感謝いたします。

でも、こんな緊張したの久しぶりで、打ち合わせが終わったら、喉カラッカラでした。

すごく良い経験でした!!

スポンサーサイト

Next Page »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。