プロフィール

uemabu

Author:uemabu
hanauta
ガーデンデザイナー
うえだ まなぶ

・ 住宅・店舗ガーデンデザイン
・ ベランダガーデンデザイン
・ インドアグリーンデザイン
・ ランドスケープデザイン
・ 店舗デザイン設計

e-mail alohaheaven@maia.eonet.ne.jp
 
(関西エリアのみの対応とさせて頂いております)

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク

スポンサーサイト

-- --, -- | スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

4年の月日

03 29, 2014 | 自己紹介

本格的に独立して4年の月日が経とうとしています。

その時間の中でも、一つずつ振り返って行くと、

本当に色々な事があったなって、あらためて感慨

深い気持ちになります。

先日、名を聞けば各業界では一目を置かれている

人達がメディアには出ない、出したくないプライ

ベートなサロンがありゲストとしてお誘い頂きま

した。

そんな人達がつくる素敵な空間で共に過ごす贅沢

な時間。

それは、自分がこの限られた人数の中に参加して

いることをある意味奇跡のようにも思える時間で

した。

あの時こうしていなければ自分は今ここにいない

だろうし、って考える。

まさに、4年の歳月を振り替える機会をもらえた

ような時間。

ホスト側、ゲスト側、参加された皆さんそれぞれ

のこの日に至る為のストーリーがあって、

素敵な演奏に身を委ねながら、皆さんがそれぞれ

にその月日を振り返っているようにも見えまし

た。

その時間は思い出にしまっおいて、

僕は最近の事を振り替えってみました。

僕はかなりマイペースに仕事もプライベート

もしている方だけど、

4年の月日はやっぱりどこかで自分を忙しくさせ

ている。

周りの状況も変わっていると言うのもある。

状況は変わるものなので、常にそういう気持ちで

はいるけれど、原点の気持ちを忘れずにいたい。


僕は、今は三田市のとある新しい町で庭作りをし

ています。

三田の古いニュータウン(ややこしいですが、)は

オープンガーデンをしたり、もともと庭や

町並みにも積極的に予算を費やしているイメージ

があって好きな町なので、この町で仕事が出来る

のは嬉しいと思っています。

でも、僕が仕事をしている、この新しい町は、

三田の古いニュータウンと大きな違いがあり

ます。

町全体を見た時に感じたのは、今っぽい。

庭付の家に憧れて来た人も多いはず。

街路樹の多い三田の町並みに憧れて来た人も多い

はず。

古いニュータウンは、電柱も信号機も街に溶け込

むように茶色やし街灯もこだわっているし、

街路樹も多い。

僕は職業柄、雰囲気をよくしている原因を意識的

に見るようにしてるけど、

普通の方は言われないと中々わからず、何となく

体で感じている。

その原因は意識しないとわからないのです

が、それでも無意識に感じて、ここはいい町だ

な~ってなる。

その感覚はきっと自分が住む街を選ぶときに皆さ

んが感じているはず。

だから三田を知らず知らず選んでることもあると

思います。

なのに、新しい町は、街灯、電柱も一般的な他の

町と変わらず。

開発予算の関係で百歩譲ったとしても、

じゃあ後は、住宅会社が作る家や外構、庭の雰囲

気で三田らしく良くするしかないけど。。。

結果はさっきも書いたけど今っぽい。

メッシュフェンスにリブブロックにアルミの門

扉、カーポート、コンクリート小手押さえの床

機能門柱にシマトネリコ一本、みたいな。

本当にお客さんが望むのはそれだったのか?

他の町でもいつもショックを受けるけど、ここは

三田。

勘弁してくれと思う。

僕が住宅の設計をするなら、何よりも町並みや

風景、優先するやろうと思う。

落ち葉を掃除する風景、庭いじりの風景、緑を通

じて生まれるコミュニティ、DIYでペンキ塗ったり

メンテナンスしたり、そういった本来当た

り前の事をネガティブに考え過ぎて、外に出ない

家を設計し過ぎちゃうか?と思います。

何かおもいっきり話しがそれましたが、僕が自ら

庭を作る理由は自分が気持ちよくなるためなの

で、その気持ちは忘れてはならない。

やっと来た三田の現場なので、

僕はそういう思いで、庭作りしていきます!

5年目のスタートにいい刺激を受ける今日この頃

でした。





スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。