プロフィール

uemabu

Author:uemabu
hanauta
ガーデンデザイナー
うえだ まなぶ

・ 住宅・店舗ガーデンデザイン
・ ベランダガーデンデザイン
・ インドアグリーンデザイン
・ ランドスケープデザイン
・ 店舗デザイン設計

e-mail alohaheaven@maia.eonet.ne.jp
 
(関西エリアのみの対応とさせて頂いております)

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク

スポンサーサイト

-- --, -- | スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この風景を見ておもう

05 23, 2013 | 経年変化

aoguraato

前のblogに書いた僕の育った町の交野に寄り道した時のことで、どうしても書きたかった

事があります。

上の写真の風景がどうしたん?って感じだと思うと思いますが、この場所を見て僕は寂しい気持ち

になりました。

ここは、僕の住んでいた町内のワンシーンなのですが、僕が住んでいた13,4年前はなかった

高速道路が僕の好きだった風景の前にドドーンっと横切っています。

ちょうど真正面の柱の部分には、僕が小学6年間習い続けた少年野球の練習場であった青山グランド

があって、毎週日曜日には背景の交野山(今は見えない)と同じ色の緑の帽子が特徴的だった

青山ジュニアーズの一員として汗を流していました。

それだけでなく、グランドの脇には水路があってカエルを狙ってマムシが泳いでいたり、メダカなんか

もいて、時にはエロ本が捨ててあって、小学生には刺激的な水路だったのを覚えています。

その頃飼っていた犬のロッキーや二代目のマーティーの散歩道でもありました。

さらに、その先には大きな墓地があって、通る度にびびっていたのも良く覚えています。

でも、小1から大学を卒業して社会人になり結婚して神戸に住むまでは、変わらない日常の風景だった

ので、この冷たい感じのドドーンは悲し過ぎました。

右に移っているシャッター付の小屋はびっくりするほど変わらずその場所にたたずんでいて、

懐かしいな~って思うのですが、背景にあった山のシーンが無くなったので、当時素朴に感じた

この小屋も、背景が無機質なコンクリートの壁になると、小屋も素朴さを失い、不思議とただ古い

寂れた小屋に見えてしまう。

この町は青山と言う町名なのですが、肝心な青い山が見えないので何か町も寂しく感じました。

青山ジュニアーズは何処に行ってしまったのかな?

今は住んでいない人間がたまに来て、その時の感情だけで思った事を好き勝手に言うのは無責任

やし今も住まれている方に失礼な事を言ってるのもわかっているのですが、感じたことを言います。

とにかく、高速道路に近づいて思ったのですが、住宅側にいい感じにもっと木や草花を植えて

欲しかったな。

公共仕事のとりあえず感が伝わって来てまったく魅力を感じない。

はっきりいってこの青山に住みたいと思える雰囲気作りが出来ていない気がしました。

そらそうか。

高速道路を作る根本の目的はそんな事じゃないですもんね。

ん~~でも便利になればそれでいいのかな?

でも、色々やり取りされた結果だと思うので、好き勝手言うのはもう止めておきます。

高速道路の向こう側に行ってみたら、まだ懐かしい交野の風景が残っていました。

kousokunoura

落ちてるエロ本をつついてる子供の姿は無かったです。健全!!

« 日本最初のオリーブ おじいさんの古時計 »

- Trackbacks
0 Trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。