プロフィール

uemabu

Author:uemabu
hanauta
ガーデンデザイナー
うえだ まなぶ

・ 住宅・店舗ガーデンデザイン
・ ベランダガーデンデザイン
・ インドアグリーンデザイン
・ ランドスケープデザイン
・ 店舗デザイン設計

e-mail alohaheaven@maia.eonet.ne.jp
 
(関西エリアのみの対応とさせて頂いております)

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク

スポンサーサイト

-- --, -- | スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夢のような時間

06 24, 2014 | 出来事

濃厚で夢のような時間を過ごしました。

まだ余韻が抜けない。

前回はゲストで招待していただいたプライベートサロンに再び参加できる事になりました。

今回は、flameさんの一員?としてお迎えする側のスタッフとして参加させて頂けることに

なりました。

僕の役目は、ゲストを迎える為のロングテーブルとベンチ作りのお手伝い。

前にもBLOGで書きましたが、とにかくこの空間にいれる事が僕にとっては

奇跡的な時間でした。

今回は、「夏至の黄昏」というテーマ。

その裏には、「人の感受性はどこまで研ぎ澄まされるか」という

裏テーマがありました。

そこに向かう為、ホスト側のゲストに喜んでもらうための情熱はどの方も繊細過ぎて

言葉にするのは難しい。

日が沈む過程の深蒼の空色、空を映した壁の色、それと入れ替わるように灯すキャンドル。

目の前の料理、会話に集中出来るように照明の灯りは無くキャンドルの灯りのみの時間。

移ろう時間に合うように選曲されたBGM。

テーブルには、芦屋川の野草が踊り、料理、パン、ワイン、お茶をそれぞれの一流が

プライドを持っておもてなす時間。

そして、この奇跡の共鳴を奏でるギターリスト、ピアニスト、チェリストの演奏。

携帯もネットも何もいらない時間。

記憶だけに頼るとここまで余韻に浸れるのかと思えるほどです。

でも、ゲストを迎える準備が出来て始まる前の雰囲気はパシャリ!

テーブルとイス

頑張って作ったロングテーブルとベンチもしかり馴染んでくれました。

この空気感少しでも伝わったかな。

«  明と暗と光と影と移ろいの時間 »

- Trackbacks
0 Trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。