プロフィール

uemabu

Author:uemabu
hanauta
ガーデンデザイナー
うえだ まなぶ

・ 住宅・店舗ガーデンデザイン
・ ベランダガーデンデザイン
・ インドアグリーンデザイン
・ ランドスケープデザイン
・ 店舗デザイン設計

e-mail alohaheaven@maia.eonet.ne.jp
 
(関西エリアのみの対応とさせて頂いております)

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク

スポンサーサイト

-- --, -- | スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年最後の仕事

12 27, 2014 | お仕事

本日をもちまして2014年の仕事納めとさせていただきます。

お客様、ご紹介くださった方、僕の仕事をサポートしてくださる方

今年も、大変お世話になりありがとうございます。

来年もどうぞよろしくお願いいたします。


さて、明日から休暇に入り年内はネット環境からしばらくおさらば

しますので、今年最後のBLOGです。

今週は自分が作った庭の剪定であちこち回りましたが、どの庭も

いい感じに育っています。

中々進めれていなかったHPの写真が少しずつ撮れました。

こだわっているのは、庭を作って一旦は僕の手から離れますが

その引き渡す瞬間を庭の完成と思いたくなくて

(完成は無いと思っているのが本音です)

お客さんの手に渡り、庭と関わり変化していく様が

一番見たいところです。

僕は、その空気感作りのお手伝いをしていて、素材、色、形、動線

見え方、使い勝手、木や花の育て方などのベースとなるところを提案

しているだけなので、引渡しした時は、まだ誰も使っていない庭なので

「引き渡した直後を竣工例的にHPに載せたくない!」

と、わがままを言って友人のWEBデザイナーの仕事の足を引っ張っています。

人と共に成長し移りゆく様を載せたい!失敗も成功もありのまま載せたいと!

庭は生きているので、老い朽ちて行くし、誕生もあるのでその変化を見たい、

見てもらいたいと思っています。

なので、HPが中々進んで行かなくて・・・だったのが、来年は

少し進歩しそうです。


話変わって最後に、今年の新たなチャレンジとしてさせて頂いた

家の中の庭作りですが、横浜に続いて、奈良で行っている

第二弾の状況を。

外の庭づくりとやっていることは同じで、機能面の要望を満たす事はもちろんで

且つ、植物飾り育てる空間として、好きな空気感に変えていく。

befoer
Befoer

もとが建築家の先生の作品で、好きな人は好きな空間かも知れない。

ただ、見てわかるように、人が住まず何もなければうっとりな間接照明や

モダンな空間も、生活感が入ると、きっと建築家の先生の望む雰囲気では

無くなっているのかも。

なので、今の僕の考えと真逆ですね。

きっと、もとの家の設計は最小限の家具で、他は何もない時が間接照明も

空間も活きてかっこよく見える設計なので、竣工後がいわゆる「完成」

のピークなんだと思います。

何度も言いますが、今の僕は真逆。

住人がいて、そこに暮らしがあって、生活の道具や、好きな雑貨や音楽が

入って、時には兄弟喧嘩をし、壁も傷つけて、思いでとなり、味が出る。

そんな暮らしのシミを受け入れる空間が作りたい。

そういうことでリフォーム開始です!

イメージスケッチ北村邸
図面だけじゃわかりにくいので、その場でスケッチを書いて

養生
養生して

間柱
壁の下地から

間仕切り
間仕切りを立て

板貼り
板貼りをして

鎧貼り
鎧貼りもして

建具図
現場でイメージして建具の絵を書き

建具塗装前
ナルグリーンさんの工房で建具を確認し

建具塗装
色を塗り

鎧張りに塗装
鎧張りに塗装し

木窓12

木窓123

アイアン窓12

木窓1234

アイアン窓123

窓が入り
アイアン窓とアイアン柵と木製の窓も取り付けて

モデルさん
モデルちゃんになりきり

モデルちゃん2
またまたモデルちゃんになりきり

モデルちゃん3
またまたまたモデルちゃんになりきって

かくれんぼ
どこも隠れていないかくれんぼをして

いよいよ完成!

後日行くと、こんな感じで暮らしが入って落ち着く空間になっていました。

どんどん思い出のシミつけて下さい!

インドアグリーンを来年の楽しみに残して、ひとまず良いお年を!!!

冬季休暇は、12月28日〜1月5日 までです。

« 2015年謹賀新年 クリスマスデコレーション »

- Trackbacks
0 Trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。