プロフィール

uemabu

Author:uemabu
hanauta
ガーデンデザイナー
うえだ まなぶ

・ 住宅・店舗ガーデンデザイン
・ ベランダガーデンデザイン
・ インドアグリーンデザイン
・ ランドスケープデザイン
・ 店舗デザイン設計

e-mail alohaheaven@maia.eonet.ne.jp
 
(関西エリアのみの対応とさせて頂いております)

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク

スポンサーサイト

-- --, -- | スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本の古くからある慣習

01 15, 2010 | インスピレーション

年が明けてから一月も半ばに差し掛かり、日が経つことの早さに驚いています。

一月は、お正月の行事の他に、十日戎祭、成人式など、古くからの慣習行事があります。

各地で行事の内容は異なるようですが、僕の関わっていく植物というのは、それらの行事

には欠かせない存在です。

その植物達はそれぞれの行事に何らかの意味をもって登場するので、行事に合わせて植物

を勉強していくと楽しいです。


先日、子供の頃に田んぼでよく採って遊んだ、ぺんぺん草を発見しました。

ナズナ
子供の頃は、単に「ぺんぺん草」としか教わらなかったこの植物の別名はナズナと言います。


ぺんぺん草と言う気の抜けた名前がどこから来たかと言うと、実の形が三味線のばちに

似ているかららしいです。

確かにそうかな?と思いながら植物と触れるのも面白いです。

別名のナズナですが、「ナズナ!?」と聞けば、1月7日に食べる「七草粥」のなかにある

春の七草の一つです。

これも、古くからの慣習で、宗教的要素もあるかも知れませんが、正月で疲れた胃を休め、

野菜が乏しい冬場に不足しがちな栄養素を補うから食べなさいと言われてきました。

春の七草 セリ、ナズナ、ゴギョウ、ハコベラ、ホトケノザ、スズナ、スズシロ

確かに調べてみると、いずれも素晴らしい特性をお持ちです!

日本の古くからある慣習の本質をきちんと知らずに、何となくして来たことを見直し、それに

関わっている植物達の事を学ぶ、良い機会にしたいと思いました。

ゴギョウ


↓クリックありがとうございます

« 生きる力 今年の抱負 »

- Trackbacks
0 Trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。