プロフィール

uemabu

Author:uemabu
hanauta
ガーデンデザイナー
うえだ まなぶ

・ 住宅・店舗ガーデンデザイン
・ ベランダガーデンデザイン
・ インドアグリーンデザイン
・ ランドスケープデザイン
・ 店舗デザイン設計

e-mail alohaheaven@maia.eonet.ne.jp
 
(関西エリアのみの対応とさせて頂いております)

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク

スポンサーサイト

-- --, -- | スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ニワプラス

01 26, 2011 | お勉強

先週の土曜日の夜、GREENSPACEの作庭家の辰巳兄弟と萬葉の庭作家の北谷さんが中心となって

開催される「ニワプラス」に参加しました。

もともとこの会に参加するきっかけとなったのは、アースデイ大阪の時に僕が腰に着けていた

剪定ばさみを入れる腰袋に興味をもって話しかけてくれた方(A Little Garden の庭師の竹野さん)

が大阪で若手庭師の集まりがあるので良かったらどうですか?と誘ってくださいました。

興味を持って、主催の方のblogなど拝見すると今回のテーマは、シンプルに「庭について語り合う」

だったので、これは面白そうと思って迷わず参加を決めました。

会は、関西で活躍する十数人の庭師や作庭家の方々が実例やこれが庭だという写真をそれぞれが

持ち寄り語り合うと言うもので、参加している皆さんがそれそれの視点で庭について熱く語って

いました。

その中に興味深い話がありました。

庭師というものは必ずしも新設の庭ばかりを作る訳ではなく、元々ある庭に手を入れる事もよくある。

そこで大切にしているのは、元の庭を作った庭師の意思を読み取る努力をして、その上で自分の

解釈で庭に手を入れていくとの事でした。

それに関連して、

池の水際に護岸と情景を作る為の役割で石組がされていて、その近くに枝垂れたモミジが池に

向かって斜めに競り出させて植えられている写真がありました。

その時の話で、斜めに植えられた木も成長をしているので、幹や根が際にある石組みの石を動かして

しまうかもしれないという時に、ある人は、木は年々生長するものだから表情が変わるけど、

石組みははじめに組んだ形が一番美しいものだから、石が木に押されて動くと良くない。

なので木を新しく入れ替える。

という考えと、

庭師というものは、5年、10年先に木がどのように動き成長するかを知っていて、石組みを動かして

しまうのも承知のうえで植えている。

それが面白いと考えてるかも知れないという意見。

判断はどうであれ作り手の気持ちを読む事の大切さがこの仕事にはあるというのがわかった話でした。



今日出合った方達は、庭に対してものすごく真剣です。(もちろん僕もですよ!)

こんな人達が関西にも沢山いました。

名刺


家つくりを真剣に考えている人達と庭つくりを真剣に考えている人達が出会えばもっと住まいを豊かな

空間に出来ると確信しました。(両者が出会う機会を作るぞっ!!)

こんな素敵な会を開催し、また誘っていただきありがとうございました。



« バードコール めがね »

- Trackbacks
0 Trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。