プロフィール

uemabu

Author:uemabu
hanauta
ガーデンデザイナー
うえだ まなぶ

・ 住宅・店舗ガーデンデザイン
・ ベランダガーデンデザイン
・ インドアグリーンデザイン
・ ランドスケープデザイン
・ 店舗デザイン設計

e-mail alohaheaven@maia.eonet.ne.jp
 
(関西エリアのみの対応とさせて頂いております)

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク

スポンサーサイト

-- --, -- | スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

来待石とそれを愛する人との出会い

06 16, 2011 | 経年変化

僕は常に造園で使える素材探していますが、その条件として植物との相性がいいもの、

朽ちていく過程が味わいと見れるもの、素材そのものがあまり主張しないもの、などなどです。

そんな思いを理解していつも協力してくれるのが、僕のお客様でもあり信頼のおける良きパートナー

で、たびたびブログでも紹介している石材商社にお勤めの藤原さん。

僕は、以前に仕事で石門柱の依頼を受けた時、藤原さんにまずはデザイン画を見てもらい

色の感じが良くて、加工しやすくて、鉄との相性が良くて・・・(あとは上で書いているような事)

と色々条件を言って藤原さんを困らせてしまいました。

それでも僕の思いを酌んでくれて、使えそうな石が見つかるとすぐに連絡してくれます。

そして、ついに出ました!

島根県産の来待石!!!

サンプルの質感、色(これ重要)も良くて、これは使えそうと思っていた矢先に藤原さんから

「島根まで来待石を見に行きませんか?泊まりで!松江城周りで使われてるし、出雲大社でも・・・

温泉入って、日本海のうまい魚食って・・・」

「いいですね~、もちろん行きます!」と即答でした。

当然、いい仕事をする為の現地調査の出張です。

地元の石工さんや、地域の方々に石の魅力を聞くのも大切な仕事。

それがこれです。

灯篭
自然の風景になじむやさしいブラウン色であり砂岩特有のやわらかさもあります。

1400万年前に形成された凝灰質砂岩で地場産業である国指定の伝統的工芸品、出雲石灯ろうの

原材料として、広く知られています。

また、この凝灰質砂岩の層はとても厚く、世界でもまれな埋蔵地帯でもあります。

水質浄化に役立つ沸石(ゼオライト)を多量に含んでいることも知られています。

これらに二酸化炭素をたっぷり含んだ酸性雨がかかると内部から様々なイオンが出てきて、

空気と結びついて酸化現象を引き起こします。粒子間では粘土化が進みこれらが溶け出すこと

によって空隙ができ、風化状態が進行していきます。

同時に溶け出した鉄分が酸化し岩石は灰色から茶褐色に変わっていきます。

そしてこの空隙に苔類が繁茂します。

そうなっていく事で、侘び,寂びなど日本人の心を打つ趣のある物となります。(一部資料抜粋)

風化が心を打つなんて、まさに探していた素材です。

風化により砂になり、土になり、また石になる。

最近では、自然のものが風化していく事がクレームになったりする時代で、いつまでも綺麗で

メンテナンスフリー、且つ施工しやすいとか何とか言って、でも石やタイルや木の感じは

捨てがたいから、型やプリントの技術でなになに調とかいってやっている商品が増えてるけど、

実際は永遠の物なんかなく、結局、最後は味じゃなくてただの汚れた汚い物になりゴミとなって

処分に困る。

家でもそういう素材を使って建てられる事が多いので、庭で本物の石とか使うと違和感でまくり

のケースを良く見かけます。

なるべく、そう言う仕事はしたくないな~。

お客さん、家の設計士、造園屋が価値観や感性が近ければ、違和感ないものが出来るのに。

似た者同士が集まるって言うから、大丈夫なのかな?

僕がこの石を使う時は、経年変化の良さをちゃんと伝えないと。


そんな変化の楽しめる魅力的な石ですが、着くとさっそく現地の石屋さんの川賀石材の伊藤社長が

「来待石ストーンミュージアム」、「採石場」を案内してくださいました。

来待ストーン

ミュージアム
ここでは、来待石の歴史や昔の石工の仕事を見れていい勉強になりました。

昔を知って今を見る。

続いて採石場に案内してくれました。

採石場
何じゃこれ?山の中に屋上緑化の高層ビル?世界遺産?ぐらいのインパクトとど迫力でした。

大型チェーンソー
今ではこの大型のチェンソーで切り出していくようです。

この場所で石を切り出している職人さんからも来待石の魅力を存分にお伺いする事ができました。

興味深い話は、この山も昔は海の底にあったものなので、切り出した時に貝などの化石が出る事

があるみたいです。

それも夢があるな~!!

色々僕の考えている事を熱心に聞いてくださって、同時に出来る出来ないも教えていただき

すごく参考になりました。

その後は、一日案内してくださった伊藤社長が作られた石明かりなどの作品が並ぶギャラリー

兼喫茶店へ。

看板

宍道湖に面したご自慢のウッドデッキで美味しいコーヒーをご馳走になりながら、社長がして

来られた事をお伺い出来ました。

宍道湖

灯篭が売れにくくなってきた事に危機感を感じ、独自のアイデアと職人としての技術で来待石の

良さを生かした面白い作品を沢山作られていて、今後の僕の庭造りには必要な方だと感じました。

社長
社長かっこよすぎませんか?藤原さんともジャン・レノみたい!!って盛り上がりました。(笑)

夜も僕らの宿泊先の玉造温泉に社長のいきつけの居酒屋があるとの事で、ご馳走して頂きました。

旬の海の幸は食べれるし、しめのラーメンは味しいし目標達成で大満足でした!!

少しシャイに感じられた社長もお酒が入り、エンジンがかかってしまいました。

石や仕事に対する思いが半端じゃない!!

社長が若いとき、世界的に有名な彫刻家イサム・ノグチ氏に会いに行ったり(というより不法侵入

で無理やりご対面)して手土産までもらって帰るあつかましい!!話とかも聞けて楽しかった。

嬉しかったのは、社長の息子さん達と同年代の僕たちに気が合うって言ってくれた事でした。

藤原さんがいつも言っている、石屋の方は温かい方が多いって言うのは僕も同感です。

藤原さん、伊藤社長、出会った来待の方々、良い旅(×)出張(○)をありがとうございました。

山陰地方もすごく良い所なので、しょっちゅう行けるように、これから来待石の良さを活かした

色々なデザインを造園の枠だけでなく、考えていきますので今後とも宜しくお願い致します。

来待石のうつわ
頂いた来待石を削ってくりぬいた器に花を植えてみました。

はじめに書いた、僕が使う素材の条件に満たしているので気に入って飾っています。



« 祝!!toricoさんの開店 アースデイでのこと »

- Trackbacks
0 Trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。