プロフィール

uemabu

Author:uemabu
hanauta
ガーデンデザイナー
うえだ まなぶ

・ 住宅・店舗ガーデンデザイン
・ ベランダガーデンデザイン
・ インドアグリーンデザイン
・ ランドスケープデザイン
・ 店舗デザイン設計

e-mail alohaheaven@maia.eonet.ne.jp
 
(関西エリアのみの対応とさせて頂いております)

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク

スポンサーサイト

-- --, -- | スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

猛暑の植栽

08 12, 2011 | 出来事

連日の猛暑に現場での作業は正直言って午前中で心が折れそうになります。

中・高でやったラグビーの合宿を思い出すくらい汗、汗、汗

ポカリやアクエリアスの味が遠い記憶を呼び起こします。

今庭作りをしている現場はあとひといき。

現場

現場2

植木が入り涼しげになったのですが、今の時期の植栽は木にとってもかわいそう。

水の蒸発を出来るだけ防ぐ為に、枝葉を出来るだけ落として朝昼晩たっぷり水をあげ

なければ基本的に人と一緒で、弱ってしまい下手すると枯れてしまう。

そうならないためにもこの子達を育てていくお客さんには木の特徴や水やりの仕方を

お伝えする事が大切なんです。

そうして、この時期の植栽のことや木のことをお客さんにお伝えしてて最近気が

付いたんです。

この大変な時期だからこそお客さんも毎日木に接してもらえるし、木に対してより愛情が

沸いて来るし変化に気が付き成長を感じる(木も生きていると実感する)事が出来る。

この時期に植えた家のお客さんの方が、木の事で色々電話くれるんです。

だからありじゃないかな?って気がしてます。


話はそれますが。。。

最近はお客さんの労力や維持コストを心配して木を植えない提案をする人もいるけど、

その提案が色んな悪影響をおよぼしていないかな。

木に対する存在価値の低下は考え直した方が言いと思う。

見知らぬ土地を買って、そこで住んでいくお客さんの事を思うと僕は木や花を植えるべき

やと思っている。

木や花を植えると水やりの時に「こんにちは」って見知らぬ人と挨拶する機会が増えたり、

落ち葉掃除が近隣の方とのコミュニケーションをとるチャンスやったりするので、

「落ち葉で迷惑になるから」とかいう初めっから掃除する気ない発想では、そら迷惑やし、

庭を持つ資格が無いと思うくらい。

「掃除の時間がないから迷惑になる」と言うのも言い訳で、僕からしたら迷惑かけてると

思ったら「ごめんね」「代わりに掃いてくれてありがとう」って言うでしょ。

それが当たり前のようにならないと、どんどん近隣との溝も深まります。

現に木を植えないほうの発想の人の提案で建てられたお家の人は、近隣に迷惑にならないように

を理由に木を植えてないから、後から土地を購入して来たあなた達も植えるなら迷惑かけない

でねオーラが出まくってて、それじゃあプレッシャーやし植えんとこってなりますよ。

植栽環境が悪くて植えれない場合もあるので、全部が全部植えるのは難しい話ですが、

緑化率のある地域では、そういった町並みを求めて土地を購入するんだから、

町並みを崩さない提案をしていきたいです。

暑い中、熱く書き込んでしまいました!!

誰か僕にポカリを。。。

« 高校野球 夏祭り »

- Trackbacks
0 Trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。