プロフィール

uemabu

Author:uemabu
hanauta
ガーデンデザイナー
うえだ まなぶ

・ 住宅・店舗ガーデンデザイン
・ ベランダガーデンデザイン
・ インドアグリーンデザイン
・ ランドスケープデザイン
・ 店舗デザイン設計

e-mail alohaheaven@maia.eonet.ne.jp
 
(関西エリアのみの対応とさせて頂いております)

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク

スポンサーサイト

-- --, -- | スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

使うほどに良くなる

09 19, 2009 | 経年変化

0 Comments
僕は、注文住宅の設計をしていました。

他人の家を設計するという事は、お客様と沢山会話し、共感し、信頼を得て成り立つ事です。

お客様との会話の中で、僕は、必ず言っていたことがあります。

それは、どんな物でも、経年変化するということ。

たまに、5年、10年経ってから、新築と同じような状態を保てる物は無いか?と言われます。

もちろん、使う場所や用途で内容は異なりますが、経年変化することは、避けられません。

僕は、それをわかっているので、あえてお客様には、使うほどに良くなるもの、味が出てくるもの

味とみれるもの、を選択するように提案して来ました。

例えば、フローリングです。

床
椅子の足で傷がついたり、日に焼けて色が変わったり。
床引き

僕だけかもわかりませんが、引いて見ても気になりません。むしろ、生活の歴史を感じるし、それは、逆に造ることが出来ません。

最近は、手入れが少なく、いつまでも新しい、美しい、という商品が、うけますが、人工的な手を

入れすぎて、味も出てきません。

僕は、そういうものには、あまり興味がありません。

やはり、自分で手入れをして、いつまでも美しく、長く使う事は、物に対する愛着も湧いてきます。

そういう気持ちで、色んなものに接していけたらいいですね。

人の人生も色んな経験をして、年を重ね、味のある、深みのある人間になっていくのと同じように。

シダ
石積みの上に苔が生え、石のすき間から、シダが自然に生える。

苔
石畳の目地から苔や雑草が自然に生える。

ツタ
昔の民家の梁だった木に、ツタが自然にはりつく。

ブエナビスタ
おまけ


いずれも、重ねた年月がもたらした、「味」です。


↓クリックありがとうございます
人気ブログランキングへ

« 軽井沢・八ヶ岳研修旅行 「軽井沢編」 音楽と空間の調和 »

- Comments
0 Comments

管理者にだけ表示を許可する
- Trackbacks
0 Trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。