プロフィール

uemabu

Author:uemabu
hanauta
ガーデンデザイナー
うえだ まなぶ

・ 住宅・店舗ガーデンデザイン
・ ベランダガーデンデザイン
・ インドアグリーンデザイン
・ ランドスケープデザイン
・ 店舗デザイン設計

e-mail alohaheaven@maia.eonet.ne.jp
 
(関西エリアのみの対応とさせて頂いております)

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク

スポンサーサイト

-- --, -- | スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

何屋さん?

11 06, 2011 | お仕事

最近blogを見てくれている方から本当は何屋さんですか?って聞かれました。

庭をデザインして作る仕事をしています。

もっと詳しく言うと、庭を作るスペースを見て、建物とのバランス、方位、日当たりをチェック、

長い目で見た庭の見え方、素材の選択、色合いのバランスなどを決めて現場で作る仕事

をしています。

更に庭作りの想いを詳しく言うと、人の手で作る温かみのある庭作りを目指しているので、使う石

なんかは、石の産地まで選びに行くし、その石を扱っている石屋さんの石に対する想いを会話の中で

感じて、その想いを胸に現場で施工しています。

木も正直言って樹種と大きさを伝えたら現場に届きますが、自分で植える木は自分で見て選ばないと

気がすまないし、植木屋さんも自分で木を見つけてきたり畑で育てたり、愛着もってやっている方も

沢山いて、僕ら造園屋にはちゃんと扱って欲しいと思っていると思うので、選んだ木の事を出来る

だけ聞く様にしています。

花苗も同種を大量に買えば少しは安く仕入れる事が出来るけど、花苗も一苗一苗表情が違うので必要

な分だけ自分で選んで仕入れに行きます。

図面画を書いて、職人さんに作ってもらうだけでは、住宅の設計をしていた時とそんなに代わり映え

しないし、自分で現場で作る事で勉強になる事が沢山あるんです。

例えば、この場所にこの木を植えてって指示する事は誰でも出来るけど、そこの土が掘ってみて

粘土質やったら、水はけの悪い場所に指示された木だからって仕方なく植えると根腐れして

枯れたりする事もあるやろうし、日陰が好きな木なのに、日当たりがいい方が何でもかんでも木に

とって良いと思ってカンカン照りの場所に植えられていたりします。

造園をやっている人の中でも、元請けの指示というのがある場合、強引に植えてしまっている場合が

多々あるから、そう言うのは避けたいなと思っていて、現場では自分で掘って土の状態を見るし、

植える位置も自分で決める。

また、図面ではわからなかった事が正直現場にはあって、その場の見え方でプランを変更出来るのも

現場で自分で手を汚して作っているから出来るし、一手間加えたりも出来る、とにかくその方が

自分が納得出来るし楽しい。

僕は、まだまだ未熟なので1つずつしか出来ませんが、施工中も含めて今年はあと3つ庭作りの

ご依頼を頂いております。

という事で・・・・・造園屋です。

でも、店舗の設計や今までやってきた住宅の設計もやる事があるし、看板や苔玉も作ります。

運送もか?・・・

今は仕事で着る為のワークパンツや庭で流す音楽を作る計画もしています。

ということでやっぱり何屋?って言われてしまいそうですが。。。

以前のblogで書いたデンプラスエッグさんから頂いた京都での仕事も始めての試みでこのような

仕事でした。

ビフォー
かび臭く、正直言って薄暗く不気味だったビフォー

バルサンを炊いて、ファブリーズ吹いて、ジョイでコンロ周りを磨くところから始まりました。

住まいの図面は書くことがあったけど、まさか住まいを自分の手で作って行く仕事をするとは

自分で言い出しといて不思議な感じでした。

施工中

床は、クッションフロアーから無垢のフローリングに変えて、壁は腰板を貼り、ビニールクロスから

漆喰塗りに変えて、キッチンは扉を入れ替え、風呂のタイルは新しく貼り替えて、洗面台だけは

まるまる入れ替えました。

間取りはほとんど変えなかったので、出たゴミはなんと軽トラック一台分だけでした。

軽トラック

以上の事を、気の合う職人さん達とやっていきました。

デンプラスエッグの吉田さんも仕上げに全体の飾付けとIKEAの商品を組み立てる職人として

参加してくれました。

職人吉田さん

それで出来た賃貸物件がこれです。

玄関
玄関ホール(床、壁、ドアは変更。味のある下駄箱とドア枠は残し)


トイレ
僕が自分の家のトイレより磨いたトイレ(床、壁、便座、紙巻器は変更。分離タンクはあえて残し)


スイッチ
スイッチ(この雰囲気にはこれしかないので迷わず残し)


換気扇
油汚れにむきになり磨き倒した換気扇
(このレトロ感は簡単に捨てれないので上の部分だけ板を貼って残し)


床
和室の前室
(パケットの床に変更。本当は手前にドアがあったけどあえて前室を作りました。味のある枠残し)


洗面所
洗面所(床、壁、洗面台を変更)


風呂
風呂(タイルを貼り替え。浴槽、水栓は磨き上げて残し)


洋室
洋室(床、壁、変更。長押、天井も塗り替え。3部屋あった和室で唯一畳をカーぺットに替えレトロ
感を残し、障子も修復して残し)


和室
和室(壁、天井変更。襖紙変更。長押、枠、残し)


ダイニングキッチン
ダイニング・キッチン
(キッチンの扉とタイルを変更。キッチンのステンレスも重曹でやけくそになって磨き上げました。
 コンロ周りなんか、全国の主婦の皆さんご苦労様って気持ちで磨き上げました。)

すでにマンションのオーナーさんには、家具付きで引渡しが済んでいます。

賃貸ですがどんな方が住まれるのかが楽しみです。

でもやっぱり何屋さん?って言われるかな?

« 冒険図鑑とGoose house 寄り道 »

- Trackbacks
0 Trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。