プロフィール

uemabu

Author:uemabu
hanauta
ガーデンデザイナー
うえだ まなぶ

・ 住宅・店舗ガーデンデザイン
・ ベランダガーデンデザイン
・ インドアグリーンデザイン
・ ランドスケープデザイン
・ 店舗デザイン設計

e-mail alohaheaven@maia.eonet.ne.jp
 
(関西エリアのみの対応とさせて頂いております)

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク

スポンサーサイト

-- --, -- | スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

土つながり

12 23, 2011 | 出来事

もうかれこれ1週間以上前のことですが、木工家具作家のナルグリーンさんの忘年会に参加させて

頂いた時の話で、僕が今宝塚で作っている庭の門柱を版築で作っていると言う話題を昔の設計仲間

としている時に、神戸に版築の建築を研究し設計されている女性の建築家がいるという話が

ありました。

「そんな人いるんやな~」「おもしろいな~」とか言ってたのです。

その忘年会の翌日に、版築を施工してくれている左官職人の山本さんが「明日神戸の方で版築を研究

している建築家の方がここの現場に見に来ますよ」って話をされました。

それを聞いた瞬間に僕は、「えっ!」その人って昨日話で出た人とちがうん?って思い、山本さんに

「女性ですか?」って聞くと、「そうですよ!」って言うのでこれは間違いない!!ってことで、

最近よくある偶然の奇跡が、またまた起きてしまいました。

翌日の型枠をばらす日に本当に来られました。

その一部始終がこれです。

型枠

型枠の状態です。

それを1枚ずつ山本さんの手でめくっていきます。

型枠ばらし

型枠をばらす時って何とも言えない緊張感があります。

山本さんも型枠が外れていくたびにニヤついていました。

そして

ジャジャーン!!!

版築

木の陰が写りこんで面白い表情を見せてくれます。

版築の上に鉄で作った表札灯がのって完成です。楽しみ。

今回版築に使った土は、この現場の土が使えるとの事でしたので、大きな石をふるいで取り除き作って

くださいました。

そして、ついに話題に出た畑中久美子デザイン室の畑中さんが来られました!!!

版築セッション

左官職人の山本さんとここの土の性質などあれこれお話されていました。

僕は、施工途中の庭なので完成イメージを説明させていただきました。

ありがたい事に畑中さんは、僕の作る庭にも大変興味をもって下さいました。

僕は、難しいことはさっぱりわかりませんが、土には関心があり、畑中さんのお仕事をお聞きして

興味深いと思いました。

僕も植物を通じて土の大切さを実感していて、土って用途は違えど色々なところで活躍しているんやな

って改めて感じました。

今回、山本さんを通じて畑中さんとも知り合いになれたし、前からいつかしたいと思っていた、土と

接した仕事をしている方達を集めてする「土祭り」、「土つながり」(相変わらずネーミングに悩んで

ます)に、また1歩近づいた気がします。

土で色々な分野の方と繋がっておもしろい。

版築層


« 久々の大阪 野犬 »

- Trackbacks
0 Trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。