プロフィール

uemabu

Author:uemabu
hanauta
ガーデンデザイナー
うえだ まなぶ

・ 住宅・店舗ガーデンデザイン
・ ベランダガーデンデザイン
・ インドアグリーンデザイン
・ ランドスケープデザイン
・ 店舗デザイン設計

e-mail alohaheaven@maia.eonet.ne.jp
 
(関西エリアのみの対応とさせて頂いております)

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク

スポンサーサイト

-- --, -- | スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「桜を見上げよう。」Sakura Project

03 26, 2012 | 出来事

外の仕事なのに花粉症で辛い日々ですが、忙しくしている今日この頃です。

取り掛かり始めた新たな庭作りの最中ですが、先日の雨を利用して再び東京へ行ってきました。

目的は、先々週の東京出張の時に立ち寄った代々木ビレッジにある「そら植物園」に行った際に

スタッフの方に紹介して頂いた「桜を見上げよう。」Sakura Projectに行くことでした。

このプロジェクトは、プラントハンター西畠清純さんが指揮をとり47都道府県の桜を集め、

北から南の普通なら開花時期の違う「桜」をこの期間に合わせて開花調整をし、同時期に咲かす

というもの。それに加えて復興を願う日本中の想いを桜と共に集めるというものです。

僕もこの時期は、庭作りの仕事が始まっていて、このプロジェクトに行くことはできないと思って

いたので、せっかくのお誘いを断っていました。

でも雨が降れば作業が出来ないので、どうせなら行きたいと思っていたので先週末の二日間の雨は

絶好のチャンスで弾丸旅行を決行です!!



会場のルミネ有楽町に着くと何故か段々緊張してきました。

そして建物の角を曲がったらこの見事な満開の桜が目に飛び込んできました。

桜を見上げよう

目にした瞬間正直言って熱い感情と共に、涙が込み上げて来ました。

特大花器

桜を真下から見上げてたり、各都道府県の札が付いていて、故郷の桜を探しては写真を撮ったり、

花と共に記念撮影したり、本当に多くの方が来られていました。

沖縄

東北

桜の枝を提供された方々のコメントもしっかり読んできました。

特に東北の方達の強さは心に響きました。

でも中には、今回のプロジェクトの概要を知らずにたまたま来られている方も多く

西畑さんはじめ、このプロジェクトに係わった方々の想いを、まったく係わっていない僕が知る範囲で

少しでも伝えたいと思い、大阪人のでしゃばり根性丸出しで、おばちゃんの会話に割り込んだりして

しまいました。

中には「でも、桜の枝切ったらあまりよくないんでしょ?」って言う人がいたから、

なんか知らないけど悔しくて、「切ると切り口から菌が入り弱るというのは、無いとは言えないけど

青森の弘前公園の桜は、 木を熟知した者で、しっかりとした選定技術の持ち主が選定することにより

通常の桜の樹齢よりも はるかに長生きしている木が全国的に見ても圧倒的に沢山あり、しかも花芽を

沢山つけて花が多いんです。だから、一概に言えないんですよ。」って説明しておきました。

今回行って感じたのは、それぞれの方が震災後、自分には何が出来るかと考え、西畠さんは、花の

卸屋という立場で、今まで培った経験と技術を使って今回のような事をされたんだと思います。

咲いている桜の枝を単純に集めた訳ではなく(実際今年は関西でもまだ咲いてないですよね)

それを同じ桜とはいえ育った場所が違うので、積算温度で開花してしまう花の開花時期をこの会期に

合わすというすごいプレッシャーの中やったと思いますが、僕も関西に帰る前にもう一度見ておこう

と思うほどの世界一綺麗な日本の桜でした。

夜桜

夜桜もライトアップが最高に素敵でした!!

来てよかった。ありがとうございました!!!

« 藤森照信さんのタンポポハウスへ 財布で味を楽しむ »

- Trackbacks
0 Trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。